農山漁村におけるふるさと生活体験推進校

胎内市には、文部科学省の平成21年度豊かな体験活動推進事業のモデル校が3校あります。
鼓岡小学校が6月22〜26日(4泊5日・うち胎内アウレッツ館2泊)の日程で実施し、黒川小学校が6月29日〜7月3日(4泊5日・うち胎内アウレッツ館2泊)の日程で実施されました。
*中条小学校は9月7〜11日に実施。

各学校によりねらいや位置づけに特色がありますが、これによりふるさと胎内市を愛する心をはぐくみ、ふれあう人々とのコミュニケーションを取る能力を育て、協調性と思いやりの心をはぐくみたいとしているようです。

当館で宿泊されたのは、どちらの学校も3泊目と4泊目に当たるわけでしたが、奥胎内でのトレッキングなどの野外活動はもちろん、屋内での小物づくりなどに取り組む姿は元気そのものでした。

奥胎内でトレッキング.JPG
(奥胎内でのブナ林トレッキング)

かわいい小物づくり2.JPG
(かぼちゃやスイカの種を使ったブリーチづくり)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: